無理をせずに富山の医学部を受験することに

最終的には自分の気持ちとの勝負でした

医学部を目指していましたが、富山に住んでいるということもあり・・・ | 経済的な事情から予備校に通うのは二年生からとなりました | 最終的には自分の気持ちとの勝負でした

順調に学力は伸びていてもどこかで頭打ちになってしまって、諦めなければならないのではないかと思うようになってしまいました。
しかし、そのような不安な気持ちとは裏腹に成績だけは更に順調に伸びて予備校のおかげで苦手教科に関しても、自信を持つことができるようになり不安材料は少なくなっていったのです。
最終的には自分の気持ちとの勝負ということになり、後はどれだけ自分の力を信じて受験に挑むことができるのかということだけでした。
こればかりは最後まで自信を持つことができず、受験の日も不安で仕方なかったのですが逆にそのマイナスの気持が自分を追い込むのに役に立ち、最後まで集中して勉強をすることができました。
一歩間違えればプレッシャーに押しつぶされてしまうところでしたが、結果的には良い方にマイナスの考えが転んだのは本当に良かったです。
自信はありませんでしたが、試験の結果は出来ることはやったという気持ちがあってこれで駄目ならあきらめも付くというものだったため、合格の発表があるまでは今までと打って変わって落ち着いた気持ちでいられました。
そして、合格を知った時には喜びが爆発してこんなに嬉しいことが世の中にあったのかと思ったほどでした。